てやんでい!!こちとら湘南ボーイでい!!

映画音楽本ごはんの話を、面白く書けるようにがんばります

*

コロチキオンラインサロン備忘録 21年8月~22年2月

      2022/03/16

去年の8月に、コロチキオンラインサロンに入った感想について書きました。

前回→コロチキのオンラインサロンに入ってみた感想

それから半年程度経過したので、その間にあったことを書いておこうと思います。
意外と新規で入会してくる人もいるので、サロンの活動について知りたい人の役に立つかもなー、と。
サロン自体の概要は前回書いたので、今回は自分が観察していてちょっと記憶に残ってることや、前回書いてから起こった変化について書きます。

とりあえず、変化について書きます

・恋愛メインではなくなってくる
まさかここまでの方向転換があるとは思いもよりませんでしたが、サロンのコンセプトが「恋愛」「出会える」といったものだったところを、普通にコロチキファンクラブと化しました。
ZOOMの会議で、確か一度「恋愛とか出会いを目的にしてるって人はどのくらいいますか?」とアンケートを取られたのですが、その際に「出会いがあるといい」と回答した人がかなり少なかったです。
まぁ、「出会いがほしいです」と答えることが恥ずかしいという人もいたかもしれませんが……。
実際、僕自身も、あったらあったで嬉しいけれどもそこが主眼ではない、といった思いです。
(そりゃ人間、「めちゃくちゃ自分の都合とか希望に合う人との出会い、欲しくないですよ」と言う人などそうそういないでしょう)
で、その回答を受けて、「じゃあコンパをやるよりも、少人数で友だち作りをしやすい限定の回をやったほうがいいですね」という流れになりました。
それからも、ちょいちょい「いつかここでカップルが誕生したらいいんですけどね」とコロチキやスタッフさんは言うものの、今のところはその兆しは見えてきません。
その辺の理由についても後述してみます。
ZOOMの会議での話題も、それまではなんだかんだで恋愛のテーマ縛りがあったのですが、最近では「何でも良いんで何か話したいよーってことがあったら挙手してください」といったものになっています。
また、最初の方は初参加の会員さんと話す流れになってきていて、「始めて参加する人がいたら喋りましょう」と、コロチキとコミュニケーションをとる時間が設けられます。

・会員の友だちは順調に増えまくっている
そもそものサロン会員の男女比が、2:8程度……女性が圧倒的に多いです。
途中から入会してきた人は特にその傾向がありますが、やはり恋愛目的よりは「コロチキが好き」「コロチキ好きの友だちが欲しい」と話す人が多いです。
で、前回も書きましたが、サロンの内部で交流するのではなく、Twitter等のSNSで繋がって交流を深めていく流れがメインのようです。
この流れは完全に固定されてしまったようで、サロンのコンテンツに顔を出さないけれど、かなり仲良くなっている会員が多く見られます。
もはやお互いを知るきっかけも、サロン内部ではなくTwitterが主戦場になっている感すらあります。
まぁ、こういった流れはサロンに限らず、どのようなコミュニティでもあり得ることだと思うので、ネットにおける人間関係やコミュニティ形成の流れを観察できて面白いなと思っています。
ただ、サロン運営側としては、そういった「友だち作り」をサロンの魅力として取り込めなかったのは惜しいポイントなんじゃないかなとは思います。
外で繋がってしまえば、別にサロンに参加し続けなくても人間関係は継続されるので……。
この辺もちょっと後述するかもしれません。

・ZOOM開催が滞る
これは今後参加される人は注意しておいたほうがいい点です。
サロンの看板コンテンツとなっている「月に2回開催されるZOOM会議」ですが、開催がほぼ不定期と化しています。
サロンが開始した21年3月から10月までは、必ず月に2回開かれていたのですが、11月以降はまちまちになっています。
実績を明記します。
11月 0回
12月 1回
1月 1回
2月 2/18時点で0回
状況について、記憶の限りで明記します。
10月から11月は、↑で書いた「少人数の回」が6回催されました。
そのため「通常の回」は無かったのかなと思っているのですが、サロン運営側からは未だにその説明はないので実際のところなぜなのかはわかりません。
12月は前半に1回開催されたのですが、後半は無かったです。
まぁ、年末なので仕事が忙しいのかな……と思ったのですが、「開催できない」のアナウンスもなかったので、私は不誠実だなと感じました。
1月の回が行われた際に「12月が忙しくてできなかったので、久しぶりですねぇ」という話があったくらいです。
また、12月後半が開催されなかった件について、西野さんが個人でやっているラジオ配信アプリでは、「ちょっとバタバタしているのでできないかもしれない」との話はあったそうです。
公式でアナウンスすべき情報なのに、西野さん個人のラジオ配信を聞かないと情報を得られないの……? と、僕は落胆しました。
1月は前半に開催され、後半も1月27日にセッティングされたものの、直前に西野さんがコロナに感染。
ナダルさんだけで開催されることになるかとは思ったが、それも前日あたりにナダルさんもコロナ感染となったため、これは明確に「延期」。
この「延期」については、コロチキのマネージャーのアカウントでもアナウンスされた。
ただ、2月18日現在、1月後半に開催される予定だった回は実現していない。
2月は、西野さんが舞台演出の仕事があったり、18日に単独ライブがあるので、忙しいことはファンなら重々承知しています。
また、1月に二人がコロナでダウンしてしまったので、滞っていた仕事もあることでしょう。
でもまた告知なしで非開催か……という苛立ちは、僕にはありますね笑

ZOOM会議が月に2回行われなくても、月額は据え置き1000円のまま。
正直なところ、オンラインサロンの主要コンテンツは、この「ZOOM会議」だろう。
他にも、日記が毎日更新されたり、書き込みの掲示版があったり、会員だけが参加できるイベント(オフ・オン共に)はありはする。
しかし掲示版は会員からではトピックが立てられず、書き込みができるのみ。
その機能性だけが理由では無いにしろ、もう半年以上誰も書き込みをしていない。
会員限定参加のイベントも、現状では11月に開催された少人数ZOOM会議が最後なので、頻繁に行われるものではない。
(オフ会をウリにしたいのだろうけど、コロナの状況が落ち着かず、また東京開催ばかりに偏ってしまうことを避けるためか、今のところ9月に一度行われたきりである)
(少人数の回について思ったことも後述する)

また、他の芸人のオンラインサロンでは「チケットの先行販売」「過去のライブのアーカイブ配信」などのコンテンツもあると聞く。
そんな中でコロチキのオンラインサロンは、現状サービスが不足している。
ZOOM会議も、毎回録画はしているようだけどアーカイヴの配信などはありません。
その会に参加できなければ、内容については知るよしも無い状態。
主力となるべき月2回のZOOM配信は、開催されないことが当たり前、かつ開催されないことのアナウンスすらないのが現状。
まぁ、サロン運営をやる気があんまりないんだろうな、とは思う。
ただ、サロンに入るぐらいにコロチキ好きな人達を集めて、そこに不誠実な対応をカマしていったら、せっかくの大ファンの愛着を減少させることになるのではないかと思うが……。
会費を徴収しているという意識が薄いと思う……。
1月のZOOMがキャンセルになった件も「すみませんでした!」と言われただけなので……いや、会費の返金とかはないの? とは思いました。別にいいんですけど、申し訳ないという気持ちがこれまでも感じられなかったので、その蓄積でイラッとしている自分がいます。

もちろん、ZOOM開催が行われないこと、その告知がないことについて、全く不満が無いという人もいると思う。
僕が、不誠実なサービスについてはけっこうむかつきやすいという特性を持っているだけかもしれないので、そこは人それぞれに判断をするところ。

ただ、前回も書いたところだけど、相変わらずZOOM開催日が突然告知されるので、そこを難点に感じている人は多いと思う。
自分の知る中で、サロンを退会した人に話を聞くと、ZOOM開催日が事前に分からないところがネックだったという。
基本的には夜の8時か9時から一時間で行われるが、バイトをしている学生は特に予定を合わせにくいようだ。
まぁそらそうですよね……。
学生の経済状況で考えたら、月1000円を払い続けて、参加できるかどうかわからないZOOMの告知を待つというのも難しいだろうと思う。

ここから、主立った出来事について書きます!

・9月にオフ会
9月にサロン会員限定のオフ会が開催されました。
単独ライブ翌日の日曜日に、東京・渋谷の∞ドームステージⅡというかなり小さいステージでの催されました。
確か25名ぐらい限定で、価格は4500円。
チケットは2枚で申し込みできて、ラブチキ会員の同伴は必須だけれど非会員を同行者として連れてくることは可能という仕様でした。
イベントの尺は1時間だったので、まぁまぁ、高くはあった印象。
コロチキの知名度でファンクラブイベント的なものなので、このぐらいの価格になるのは妥当ではあるのですが、そもそものサロンが月額1000円なので、それと比較したらやはり割高感は出てしまう。

事前にオフ会ではどのようなことをするのか質問したところ、「オフ会ならではの感じでります」という曖昧な返答でした。
で、肝心のオフ会の内容ですが、ざっくりと下記のとおり。うろ覚えな部分もありますが……。
「オープニングトーク」
「観客いじり」
「ナダルの独演会で観客が誰も笑わないという設定の動画収録」
「よろチキちゃんねる(コロチキのYouTubeチャンネル)の動画収録」
「質問に答えるコーナー」
「即興ネタ披露」
でした。

会場に入る際にQRコード付きのアンケート用紙を渡されて、「コロチキに聞きたいこと」「即興ネタを披露する予定なのでテーマをください」といった内容をスマートフォンから回答できるといった仕様でした。

オープニングトークと観客いじり、サロンのZOOMで顔出しをしている人が前の方に座っていたので、主にナダルさんが、思い出せる限りで名前を呼んで、一言二言いじるような流れでした。
ナダルさんが会員の名前をちゃんと覚えてくれていて感動したと言います。
前に座っている人から順番に一人一人話しかけてくれていたのですが、途中で西野さんが「これ全部やるんですか? コーナーとかもあるから時間が足りんかも」と言ってその流れを中断。
コーナーに入っていきました。

で、動画の収録タイムに入ったのですが、ここで私は「え……4500円払ったイベントで、動画撮影に協力させられるの?」と思ってしまいました。(後に別の会員さんに聞いても同様のことを感じたと言っていました)
しかも、自分たちのYouTubeチャンネルで公開するわけで……いや、収益生まれるやん。。。とは今でも思ってます。
もちろん事前に、イベントの模様を収録して後日公開する予定だ、と告知されていたなら話は別なんですけど、事前に確認しても「オフ会ならではのことをしますよ」と回答された上で、「動画撮影に協力させられる」のはちょっと理に適っていないなとは思いました笑

そんで、動画の内容が、「ナダルの独演会でめっちゃ滑ってて誰も笑わない」という設定。
みんなナダルさんのことが好きで4500円払って来ているのに、笑うのを我慢しないといかんのか……とは思いました。
まぁ、別の動画でも、「ナダルの話には無反応で西野の話には大ウケする」というものが公開されているので(しかも無料閲覧可能)、コロチキのスタンスがそういうものなんでしょうね。

ちなみにナダルさんは「ナダルの独演会でめっちゃ滑ってて誰も笑わない」という設定だと聞かされた時に「なんで俺滑らされなあかんねん!」とマジギレしていてかわいかったです。

そんなわけで、一時間しかないオフ会のうち、20分以上は動画収録に付き合わされるという事態でした。
質問コーナーについてはほとんど記憶にないですが、参加者全員が質問していたわけではないようで、このコーナーは当たり障りない内容だったかと。。。

最後の「即興ネタ披露」については、時間が既に1時間をオーバーしていました。
「お題だけもらっておいて、後日動画にするとかではどうですか」という案もその場で出ていましたが、結局披露してくれました。
しかも、会員が出したお題から1つを選ぶのではなく、西野さんが「出てきたワード全部使って喋り漫才にしようかなと思います」と、まさかのセルフ無茶ぶり。
これにはナダルさんも「お前すげーな。そんなことできるん!?」と言っていました。

ネタの感想については主観でしかありませんし、半年近く前のことなので記憶はありませんが、ただただ「テーマ」を拾って雑談をし、ボケもツッコミもほぼ発生していませんでした。
観客はみんな笑っていたし、僕も一応笑ってはいたけど、僕は全く面白さを感じませんでした……。
まぁ、このコーナーについては、トライしてくれただけで、まぁ、いたたまれないけど、金返せとは言わないでおきます……僕にもその程度の情けをかける心はあります。
途中でナダルさんが「俺もツッコミしたいから変わってくれ」と交代を要求して、結局ぜんぜんうまくできずにボケに戻るという展開はかわいかったです。

あと、参加者全員の特典として、二人のサイン色紙がもらえました。

オフ会の感想について、一人一人に聞いて回ったわけではないですけど、満足度はそんなに高くない感じがしました……。
ここは、「コロチキにいじってもらえたかどうか」が満足感の有無の分かれ目でもあると思います。
僕は身長が180ちょいあるので、わりと後ろの方に座ってたけど「身長大きいなー」といじってもらえました。
その後は、前の方に座っていた人のいじりと、話題に上がった参加者をちょっといじったくらい……なので、半数はいじられていないと思います。
ただここで不平等感はめちゃくちゃ出てしまっているので、「いじってもらいたかったのにいじってもらえなかった」という人がいたら、だいぶ不満なのではないかなー、と。

また、オフ会の告知も開催日の2週間前だったので、「予定が合わない……」という人も多くいました。
開催日が土曜日だったので、まぁ一般的には参加しやすいとは思うのですが、時間帯もお昼だったので予定とか仕事がある人は合わせて参加しにくいですよね。
スケジュールの都合を考えると一ヶ月前には告知してもらえると、大変ありがたいとは思いました……笑

不満点ばかり書いてしまいましたけど、基本的にはとても楽しかったです。
コロチキはTV露出もけっこうある方だと思うのですが、生で近くで見ると「生近ナダルさんだ!!!!」ってなりました。
ナダルさん、動いてると10倍はかわいいです。
サロン会員しかいない場だったので、そこで交流を持つ方も多かったようです。
私はもともと知り合いだった人とちょっと喋っただけでしたけど……。
もちろん、のちのちはオフ会で会員同士の繋がりを持ちやすいようにしていくような方向性も考えているのかも知れませんが、9月は確か緊急事態宣言のさなかだったので、なかなかそれはできないものとは思っています。

・少人数の回
10月から11月にかけて、会員は10名とコロチキ2人(+運営の人1人か2人)のみが参加できる少人数の回が催されました。
これは「会員同士の友だち作り」が目的だったと記憶しています。
各曜日に1回ずつ開催され、合計で7回開催の予定でした。(7日連続ではありません)
参加費は1500円、開催日の1週間くらい前にチケットが発売されました。
約束ごととしては、1人1回は参加できるようにしたいので、一度参加した人は基本的に二回目参加なしで、もし開催前日のお昼12時までチケットが残っていたら二回目以降の参加もあり、というルールでした。
ただ蓋を開けてみると、毎回2~3人は二回目参加の人がいたようでした。
僕も二回目参加しちゃいましたね……。

ただこの回も、正直なところ、「友だちづくり」がコンセプトだったという説明だったはずですが、そのコンセプトを期待して参加すると期待は外れたと思います。
回によって内容は違ってたみたいですけど、主に「自己紹介タイム」と「話したいことがある人、話してもいいよ」と振られる形なので、別に会員同士横の繋がりを作りやすい場ではなかったんじゃないかなと……。
また、10人参加しているZOOM会議になるので、「積極的に発言する」人はいなかったように思います……。
なので、コロチキが話をメインで回して、話を振られた人が発言するといった流れだったかと……。
まぁ、それはそれで、もちろん面白いです。

でも、それ以前に催されていた、別コンセプトでの少人数会では、けっこう雑談できるような流れだったみたいなのです。
好きなときに発言できるような。
自分が参加した回以外のことはうかがい知れませんが、すでに友だちになっている同士の会員さんは、申し合わせて同じ回に参加するといったこともあったようです。

僕が参加した会は、「好きなデートコースは?」という質問が会員さんから出て、その話題で10分ぐらい回していたんですけど、全然盛り上がって無くて地獄みたいでした。
そもそも「デートコースで好きなところ」って意味があんまりよく分からないじゃないですか……その時に行きたいところに行くんじゃないんかい。
みんな「水族館」「映画館」とか当たり障りが無い回答をして、当たり障り無い内容なのに無理矢理掘り下げていこうとする時間が無為に過ぎていきました。
一時間しか無いのに……! と、ケチな私はパソコンの時計で過ぎていく時間をカウントしていました。
後日、同じ回に参加した人に話を聞くと、このデートコースについての質問がそもそも記憶から消えていました。
それほどまでにつまらない時間だった、と思ってください。
この件についてはまだ愚痴があるのですが、内部のことをどこまで話していいものかわからないので、ここまでにしておきます。
まぁ、「当たり外れがあるよ」と思ってください、ZOOM会議……。

↑で、7回開催の予定だったと書きましたが、最後の1回はキャンセルされました。
経緯を少し書きます。
この最後の回は、開催前々日の時点で誰も購入者がいなかったようです。
そのため、2回目以降参加を希望する人達(僕を含め)が、2回目以降参加が許される前日12時を待っていました。
僕の観測している範囲では、僕含め4名は購入するつもりの会員がいました。
ところが、2回目以降参加者が購入できるようになる直前に、突然チケットの販売ページが消去されました。
6回目に参加していた人に話を聞くと、「チケットが売れていないから、キャンセルするかどうかも含めて考えてみる」という話があったそうです。(6回目は、7回目の前々日……つまり7回目の2回目以降参加が可能になる直前に催されていました)

2回目以降参加を狙っていた人達が驚いていましたね……。
まぁ、1回目参加の人がメインだとの説明はあったので、キャンセルになることは理解するのですが、キャンセルしたことの説明もないんかい……という驚きはありました。
あと、別に、「友だち作り」の名目には2回目以降の参加者しかいなくても適うので、別にキャンセルまでしなくてもいいだろう、とも思います……。
まぁ、10名の定員に満たない数の2回目以降参加者しか集まらないのであれば、コロチキ二人の睡眠時間が一時間削れてしまうのだろうけど。
ただ、ちょっと嫌だったのは、この少人数会が全日程終了した後の通常のZOOMで、「7回目がキャンセルになっちゃったのは、仕事の都合とかがあって」という説明になっていたこと。
6回目に参加した人が受けた説明とは異なっています。
こういう嘘とかはぐらかしが常態化しているな、と僕は認識しています。

とりあえず言いたいのは、こういったイベントが開催されなかったり、開催アナウンスが唐突だったり、イベントキャンセルになることもアナウンスがなかったりするので、そういうのが平気な人には自信を持ってオススメできるサロンです。

・これまでにあった少人数会

そもそも上記した以外にも少人数会というものはありました。
以下の通り。

「関東在住二十代限定少人数会」
「女子会」
「既婚者の会」

私は三十代独身男性なので、参加条件を満たさないものばかりです笑
で、女子会開催の時には「男子会もやりますからね」と説明があったのですが、男子会は催されていません……笑
開催しないんだったら「やります」とか言わなきゃいいのに……とは今でも思ってます。
まぁ、男性会員が少ないので、費用対効果を考えたら開催できないんでしょうけど、開催できる見込みが立ってないなら「開催します」とか言わなきゃいいのになぁ。


不満ばっかり書いてしまったので、楽しいことを書きます。

・ユニークな会員さんがいる
コロチキのファンで、毎月1000円も払うくらいなので、結構ユニークな個性を持った会員さんが多いです。
僕もオンラインサロンの中ではだいぶふざけています。
ユニークな会員さんの活躍を拝んだり、また、時には交流を持つことができるのもサロンの楽しみかもしれません。
他のよしもとオンラインサロンでは、会員との交流があるところは稀なようですので、「友だちを作りたい」という希望があるのであれば、活用できるかも知れません。
ただし、Twitterのアカウントはあった方がいいと思われます。
詳細は書けませんけど、おそらく全ての会員から一目置かれるユニークな人材がいます。
不快感を伴うこともあるかもしれませんが、非常に突出した個性を持つ人間がいることはお約束できます。

・友だちができる
友だちができます。
「友だちがほしい」と思いつつ友だちができていない人はほとんどいないのではないか、と思います。
僕もTwitter経由で繋がった人と、コロチキのイベント後に複数人で食事をしたりしました。
仲のいい人同士だと、普通の友だちみたいな感じで遊びに行ったりしてもいるようです。
僕は34歳、独身、神奈川県住まいというプロフィールなのですが、当然都内に住んでいる人の方が友だちは作りやすいと思います。
あと、会員は女性の方が多いので、女性の方が繋がっていきやすいですよね。
ただ僕のように、34歳で男性だという時点でネックにはなっているので、僕の感想は役に立たない可能性はあります。

・コロチキがかまってくれる
最近ではZOOMの議題もなくなってきているため、ZOOMで空き時間が出るようであればけっこう話を聞いてもらえます。
まぁ、数十人の会員が参加しているZOOMなので、そこで話せる内容に限りますが……。

・日記が面白い
ナダルさんの日記が頭おかしくてめちゃくちゃ面白いです。
西野さんはベーシックな内容を書いているかなと言う印象です。
僕は西野さんの活動を追ってはいないのですけど、西野さんのファン活動をしている人は横の繋がりを作りやすいかもしれないです。

とりあえずこんな感じっす。
数週間後に3月を迎えたら、ラブチキも1周年になるようなので、何か変化があるかもしれません。
定点観測の意味でも、この先何か記録しておいた方がいいことがあれば、記録はしたいと思います。

※追記
・恋愛相談が減った理由の考察
恋愛相談をする人が減ったんです。
恋愛以外でも人生相談みたいな内容もたまにはあったんですけど、最近では本当に「雑談」的な内容に終始しています。

僕はもともと「コロチキに恋愛相談してどうすんねん、自分で考えるか、友だちに相談したほうがええやろ」と思っていました。
あと、真面目に相談をしたいのであればデメリットが多いだろうなとも思って眺めてました。
デメリットとしてあげられるのは
・何十人もの聴衆がいるので自分のことをどこまで晒すか考えながら話さないといけない
・時間がかなり短く限られている(ZOOMがそもそも一時間なので)
・特にコロチキが恋愛への含蓄多そうには思えない(私の主観かもですが)
といったところでした。

そんでその後、実際に恋愛相談がほぼ行われないようになりました。
過去にZOOMの中で相談をしていた人に意見を聞いてみると、下記のような声がありました。

「自分は深刻な相談をしているのに、ノリが軽かった。悩みが軽いものであるかのように扱われたし、答えも軽すぎた」
「あんまり深く話を聞いてもらえなかった」
「自分のプライベートの部分を話すことに抵抗を覚えるようになった」

自分も、会員さんが恋愛相談をしているのを聞いていて、「話の深掘りがあんまりないなー」と思ってました。
自分が人から相談を受ける時って、話の内容を聞きながら、追加で質問をしていって、なるべく相手のことを深く知り、どうするのがよいかと考える材料を得ていくようにしています。
ZOOMでの話を聞いていると、ウンチクを言いたいだけっぽい印象を受けました。
もちろん時間も限られているので、話を広げていくわけにはいかないのでしょうけど……。
でも悩みを相談を受ける上で、「方針を考える前提条件」を十分に得られていない状態で話し始めてしまったら、結論も的外れなものになりがちな気がしますけどね……。
あと、多くの人が聞いている場ということで、辛辣な意見を出しづらく、「当たり障りのない毒にも薬にもならない答え」に行き着きがち。

あと「恋愛テク紹介」みたいなのも多いです……。
「こうすると相手からの好感を得られるらしいっすよ」みたいなやつ。
これは私の考えでしかないかもしれませんが、「恋愛テク」みたいなのって、相手への好感度をかさましさせるためのものでしかなくって、それは恋愛関係に持ち込むためには役立つかもしれません。
けどいざ交際が始まったら、そういった小手先のテクではなくて、相手と真剣に向き合うことが求められますよね。
相手との関係でずっとそういうテクを駆使し続けることができるなら構いませんけど、そうはできないなら最初からテクとか使わない方が良いと思います……相手に対して不誠実だと思うので……。

逆に、良かった点として挙げられたのは
「話を聞いてもらえるだけでも気持ちが楽になった」
「プライベートの知り合いには話しづらいことも話せた」
といったところでした。
まぁ、TVとかラジオの番組でよくある、「芸能人が視聴者の相談に乗る」というコーナーみたいなものなのだと思います。
シンプルにコロチキと喋れるのが嬉しい、という人も多いでしょうしね。

そんなわけで、真面目に「相談」をする人はほぼいなくなった感じです……。
まぁ、多分みんな、本当に「誰にも話せない悩み、コロチキなら聞いてくれるはず☆」と思って入会してくるなんてことないだろうし、「せっかくだし相談してみるか」とダメもとのマインドで相談をするだろうし、そこは特に気にしなくて良い気がします。

続きを書きました→コロチキオンラインサロン備忘録 22年2月~3月

 - コミュニケーション, , 日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
興味の幅はあまり広がらない

ここ二年ぐらい、あんまり興奮することがない。二十代の時分は、音楽でも映画でも本で …

no image
欧米系好青年キリスト教信仰者からプリンスのパーカーを褒めてもらった話

最近、自分にとってすごくつらい状況に見舞われています。 30過ぎてそんなことで悩 …

no image
「お金がないからこそ結婚して支え合う」という考え方について

「今の若い人達はお金がないから結婚できないというが、昔は、お金がないからこそ結婚 …

no image
愛は惜しみなく

メンズエステ利用体験忘備録です。前回→Pynk 彼女とLINEを交換したものの、 …

no image
モテたがる前に友だちを作った方が良いのでは

モテるとは言いがたいのではないか、と思ったことについて、後から思い付いたことがあ …

no image
ギャルにぶつかるおじさんと、ギャルに席を奪われた僕

とりとめのない話としか言いようのないことを書きます。 駅前の、まぁまぁ人通りがあ …

no image
オンラインサロン雑感

オンラインサロンに入ったんですよ。月額千円なので、高くもなければ安くもないような …

no image

自分の目が好きになれない。 そもそも顔全体が好きではないのだが、特に目だ。 自分 …

no image
お菓子をくれる女性について 過剰な自意識に基づく女性観

女性から特別な存在として認識されたい。それも一人の人だけではなく、できれば多くの …

no image
ドライブマイカーに見る寝取り ~ 寝取りは正攻法で闘えないバカが頼る戦法

ネタバレご免ではあるのですが、ドライブマイカーは「寝取り・寝取られ」をきっちりと …