てやんでい!!こちとら湘南ボーイでい!!

映画音楽本ごはんの話を、面白く書けるようにがんばります

*

うんこを「うまく出す」必要はない

      2022/03/05

僕が自分の脳に溜まった情報をアウトプットする方法は、こうして文章にすることが主だ。

普通の人は、他者とコミュニケーションを取ることでアウトプットするのだと思う。
しかし僕は人とのコミュニケーション量が少ない。
知人が少ないためだ。
知人とも、頻繁に連絡を取り合うことはなく、会う約束を取り付けたりするときに連絡を取るような感じ。

人と合う頻度自体も少ないと思う。
月に二度くらい、誰かと何かをするといった程度。
あとは休日でも一人で過ごしている。

仕事では週に五日間会社に出勤しているが、そこでもあまり人とコミュニケーションを取らない。

家族とのコミュニケーションもない。
というか、こうして、自分のコミュニケーションの総量を洗い出してみようと考えてみて、やっと「そういえば普通の人は家族とのコミュニケーションもあるのでは」と思い至った。
僕は家族とコミュニケーションを取ることがない。

そんなわけで、おそらく人よりもコミュニケーションの量が少ない。
しかし映画を観たり音楽を聴いたり本を読んだりと、情報を得るのが好きだ。

最近になって思うのは、こうして得た情報は、何らかの形で排出していかないと、脳に堆積されていってしまうのではないかということ。
堆積されてきてしまうと、PCやスマートフォンの処理速度が遅くなると同じで、脳も処理の速度が遅くなったり、新たなインプットをする意欲が起らなくなったりするのではないだろうか。
実際に、アウトプットせずにいる考えや記憶に思考を奪われることが、一日のうちに何度もある。

そう考えると、自分にとって、自分の考えていることを書くという行為は排泄のようなものなのかもしれない。
摂取した分は排泄していかないと、健康に悪い。
バランス良く栄養価を取り入れなければ健康を害するというところも、食べ物と情報の摂取は似ているかもしれない。

ここ二年ぐらい、僕は人とのコミュニケーションもなければ、文章でのアウトプットもしていなかった。
理由についてはいろいろ考えるけれど、こうしてブログに上げるからには、なんかかっこいいこととか、面白いこととか、ためになることを書かねばならないという意識を持っていたことが一つの要因かもしれない。
なんかブログの広告収入とかが上がったら嬉しいな、アクセス数を稼げるようなことを書かないとな、という目的を持っていたので。
そのために、自分の書きたいことを書き散らして垂れ流すという行為に時間を割くことは、あらかじめ自分の選択からは除外されていた。

で、うんこをする時に「うまいこと出さなければ」と考える人ってあまりいないと思います。
もともと自分に起きたことや考えたことを書くのは、自分にとっては排泄行為のように必要なことだったのに、ある時期から「人に見てもらえるようなことを書かねば」という意識が芽生えて、自分でしがらみを作ってしまった。
「うんこがしたい……でもうまく出せない気がする……」と勝手に気負ってしまい、結果的に便秘を起こしているのが今の自分だ。

でも排泄しないと脳に澱が溜まっていってしまう一方になる。そうなると、脳の処理速度が落ちる。
人とのコミュニケーション量を増やすという方法も、あるのだとは思う。
それがそもそも健全なことだと思うし。
でも自分は、人とコミュニケーションを取ることがうまくないし、抵抗がある。(それはその内、また機会があったら考えていきたい)

もう今さら自分のブログの広告収入で生活していけるようになどならないと思うので、このブログは自分の排泄物置き場と考えることにした。
「うまくうんこを出す」なんてこと考えずに、「あ、うんこしたい、出そう」という、出すのが当たり前だという意識に立ち戻りたい。

とりあえず排泄としての情報アウトプットを最優先にして、そのうち書きたいことが出来た時には「うまく出してみたい……」と踏ん張ってみればいいやと思った。
そうするしかないと思います。

アウトプットした結果を、こうしてインターネット上にリリースする理由は何なのだろう。
こういう人間がいるということを、誰かに知ってもらいたいのだろうか。
まぁその辺のことはその内追々考えればいいですね。

 - コミュニケーション, , 日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
欧米系好青年キリスト教信仰者からプリンスのパーカーを褒めてもらった話

最近、自分にとってすごくつらい状況に見舞われています。 30過ぎてそんなことで悩 …

no image
自分が饒舌になるのは下ネタ・セックスの話・人の悪口分野であると理解している 221006

仕事を終えた後、年上の友人と飲むことになった。年上なので「友人」と書くことが適切 …

no image
女性の脇の汗のにおいを感知したとき、みんなはどうしているのだろう 220816

暇だったので、また横浜のアロマチョコレートのお店に行った。フルーツのフレーバーの …

no image
金城武と竹野内豊と松嶋菜々子と松たか子の区別が付かない 220901

全ての食後に甘い物を欲するタイプの人間なので、少なくとも3日に一回は甘い物を買わ …

no image
いっぱい作る 220919

ルパンの『七番目の橋が落ちる時』というエピソードを鑑賞。ルパンと次元が悪いやつに …

no image
「実家ですか?」

初対面の人と話していると、高確率で「実家ですか?」との質問を受ける。だいたい、自 …

no image
Tシャツばかり増えていく 20220712

僕の部屋にはTシャツが多い。夏になり、Tシャツ一枚だけ着て外に出る機会が増えたが …

no image
いいことを言いたい病 220802

何日か前にここに書いた、ヴァンパイア・ウィークエンドの『オットーマン』という曲は …

no image
自分に憧れて業界に入った妻が神がかり的シゴデキだった場合 220908

横浜の図書館に行って、人類は衰退しましたの番外編2冊と、田中ロミオさんが解説を寄 …

no image
優しいだけでは生きてゆけない。優しくなければ生きている資格がない 221205

夜遅めの時間帯に電車に乗っていた。まぁまぁ混み合う時間帯だったが、僕はシート席に …