てやんでい!!こちとら湘南ボーイでい!!

映画音楽本ごはんの話を、面白く書けるようにがんばります

*

神の御手はいずこ 220721

   

フジロック、ヴァンパイア・ウィークエンドが出る日だけでも行くの、ありでは?
と思って現実的に調べてみたら、チケット代が一日分で2万2千円、交通費でも1万5千円以上飛んでいく。
これは無理や……。
自分のワーキングプアぶりを嘆くしかできない。

「Everlasting Arms」という言葉が気になって、調べてみたら、キリスト教においては神の御手という意味合いで使われるっぽい。
ヴァンパイア・ウィークエンドのソングライターは、キリスト教に大きな影響を受けていることは間違いないので、そういう意味か。この次のアルバムでは「僕のクリスチャンハート」なんて歌詞すら出てくる。
エズラはユダヤ系で、父親は精神科医らしい。
神様の御手なんてないんでしょ? という想いがあるのだろうと想った。
やっぱり、英語圏の文化を理解しようとするなら、キリスト教のことを勉強しないといけないんだよなと想う。
でも聖書を5年ぐらい前に買ったきり読んでいない。
堕落した人間だ。

それにしてもヴァンパイアの3rdばかり聴くようになった。
このアルバム自体、全然好きになれていなかったのだけど、歌を活かすために構築されたプロダクションなんだなと思うようになったら腑に落ちた。
もともとヴァンパイアは曲を作る人間がフロントマンのエズラと、キーボードのロスタムの二人体勢だったけど、3rdになってエズラが歌詞とメロディ、ロスタムが楽曲制作の専任体制で挑んだとのこと。
シンガーソングライターを、トラックメイカーがプロデュースしたような作品だったのだなぁ。
なので、エズラの歌いたいことが全面に出てきたように感じる。
なんか歌を聴いてると泣きそうになる。
エズラは真面目で性格が良いのに、なんでこんなに苦しそうなのだろうと思う。
なかなかそういうミュージシャンっていないですよね。
フラジャイルなポップスター。
ピュアさとフラジャイルさを演じる人は多いけれど、この人って、多分本当にこうなんだろうと思う。
僕は優しい人の作る音楽が好きになることが多い。
フィッシュマンズ、アンディモリ、平沢進さんとか。
岡村靖幸さん、ウィーザー、レディオヘッドは、なんか、優しさをそこまで感じないかも。なんでやろ。
ヴァンパイア・ウィークエンドのインタビューを読み返すことにする。
音楽でも映画でも、海外の作家のインタビューは面白い。
映画でも音楽でも、日本で「インタビュー」というと、作品についての話は宣伝効果が期待出来るないようばかり、あるいはインタビュー対象の好感度上げを狙うものばかりで、面白いものは稀にしかないと思う。

アンビリーバーズって、ヴァンパイアにしては珍しく、「サビのある曲」なんだよな、と今さら気付いた。
ヴァンパイアの曲構成は変わっていて、サビがない。
サビに当たる部分では「おー」のようなかけ声だったり、演奏がエクストリームなパートに突入したりと、いわゆるコーラスの歌がないという不思議な作りになっている。
ほとんどの曲がそうなのだが、楽曲はキャッチーに感じる。変なバンド。

ヴァンパイア・ウィークエンドには、3年前に4thが出たあたりでけっこうハマって、歌詞を読み直したりしてた。
その一環で3rdもけっこう聴き直したのだけど、本当に全然はまらなかった。
正直、『Everlasting Arms』は、何回も聴いていたはずなのに、全く記憶になかったほど。
でも今ではアルバムで一番好きな曲になった。
人生って何が起こるかわかんないよなぁ……。
こういう発見があると嬉しい。それまでよりも好きなものが増えたとか、楽しめるものが増えたとか、そういう嬉しさ。

苦しい時に人に支えてもらうという経験が久しくなかった。
にも関わらず、その有り難さに気付かずに何事も無かったかのように過ごした。
もう一度笑顔が見たかったなと思う。


・今日聴いた曲
「Leaning On The Everlasting Arms」の有名なバージョン。
特に感慨はなく、神への愛と感謝を歌ったものなのだろうなと思う。

 - Vampire Weekend, 日記, 音楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
「俺もうパズドラのことしか頭に入らないんだよね!」 220810

「だめでしょ」という言い方が面白く、好きだったのだけど、それが好きだということを …

no image
バーの入店待ち中に女性に声を掛ける 20220625

誕生日だった。たまたまこの日、知り合いと食事をする約束をした。結局別れるまで、今 …

no image
ゆうちゃん、メリージェーン、思い出は君にあげる歌

小山田壮平さんが、弾き語りのライブで続々と新曲を披露している。 http://s …

no image
ナショナル潮グラフィック 220728

友だちと話していて、友人が「ディズニープラスにナショジオ入ってるじゃん」と言った …

no image
洋式便器とペニスの接近

ここ数年、出先でトイレを使うと、便座にペニスが着きそうになってしまうことがあるん …

no image
メシ喰えや! 221104

「ご飯を食べない」自慢をする人が苦手である。このことを強く意識するようになったの …

no image
37歳の時の仕事(カリオストロの城) 220912

カリオストロの城が、劇中の結婚式開催日にちなんで劇場公開されるとのニュースがあっ …

no image
夏の二の腕≒ほぼ性器 20220702

普通に変態の人間が言うこととして受け止めていただくことになると思うのだけど、年々 …

no image
セックスしている時に聴く音楽について考える

僕は生活をしている時間のうち、音楽を聴いていない時間がほとんどない。動画や音声コ …

no image
複数の解釈が可能な業務文書を書くことは有害 230226

情報の共有は適切にされないと効果がない。人によって解釈が異なるような内容の文書を …