てやんでい!!こちとら湘南ボーイでい!!

映画音楽本ごはんの話を、面白く書けるようにがんばります

*

37歳の時の仕事(カリオストロの城) 220912

   

カリオストロの城が、劇中の結婚式開催日にちなんで劇場公開されるとのニュースがあった。
イオンシネマを中心に、限られた劇場で行われるリバイバル上映とのこと。
自分の生息している地域からだと、横浜か海老名のイオンシネマで上映されているようだった。
THX劇場で上映される海老名のイオンに行くことにした。

海老名のイオンには、2009年に通い詰めた思い出がある。
当時、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破が公開されていたのだけど、上映される劇場がとても限られていた。
序と破はほぼインディーズ体制で配給されていたとのことだった。
Qからは大手配給会社が絡むようになったので、たくさんの映画館で上映された。
自分の生息する地域だと、海老名が最も近かった。はず。なので、原付で片道40分ぐらいかけて海老名まで行き、駐輪料金を取られるのが嫌だったので違法駐輪して、映画館を観た。鑑賞中は、原付が持って行かれてはいまいかとドキドキしていた。
2009年のうちに、僕はヱヴァ破を20回ぐらい観たと思うが、うち15回は海老名イオンで観たはず。世話になった。。。

カリ城を映画館で観るのは初めてだった。
劇場のスクリーンと音の具合も良かったけど、作品自体がリマスターされたものだったようで、音質も映像の質もとてもよかった。
宮崎駿さんは、この映画の仕事を振られたのが5月で、12月には公開されることとなっているので、だいたい半年で作り上げたことになる。
すでにTVシリーズでルパンを手がけていたので、ある意味では準備期間は数年分あったということなのかもしれないけれど、それにしても、この映画を半年で作ったというのは信じがたい話。
スピルバーグはこの映画を激賞しているという。
ピクサーのジョン・ラセターも、この映画を観て宮崎駿さんに惚れ込んだと話していた。
ディズニーで子ども向けアニメばかりを作っていたラセターは、カーチェイスのシーンを観て、「大人も楽しめるアニメーションがあるのか」と驚いたと言ってた。なんかの動画で観た気がするんだけど思い出せない……。

僕は3年ぐらい前に観たきりだったのだけど、改めて思うのは、全要素面白すぎるというところ……。
キャラクターの台詞一つ一つが、物語を推進させながらも面白かったり、その人物のキャラクターが反映されているし深みが出るように巧妙に作られている。
あと宮崎アニメ全般に言えるけれど、「その場所に居ること」を客に知らせるような効果的な音が耐えず鳴っている。
洞穴に居るときはどこか心細くなるような音、高いところにいる時は服のたなびくパタパタという音など。当り前のことですけど、音にこだわれというのは宮崎さんがしょっちゅう言っていること。若い頃の仕事でも、やっぱりそれはちゃんとこなされてるもんですね。
ただ、展開の面白さ、場面を印象づけるための技巧などはちょっと説明がつかんぐらい面白いんですよね……。
まぁ天才の仕事としか言いようがない。

TVルパンでも、偽札を扱うエピソードで、大時計のネタが出てきたりしていたので、その辺は共通点があるかもなと思った。

この映画を作ったのが宮崎さんが37歳ぐらいの頃のことだったはず。
若い頃、自分が好きな作家が「何歳の時にこういうことを成し遂げた」ということが指標になったりしてた。
「自分もその歳になる頃には何か成し遂げていたい」と思ったりしていたけど、心のどこかで、「天才と俺を比べてもしょうがないよな」とも思っていた。
天才と比べてもしょうがないですよね。
『パンダコパンダ』を作ったのが30歳前後のことなので、やはり、宮崎さんと普通の人間を比べることは到底意味が無いことと言える。
ナウシカの公開が43歳の時。アニメの製作開始や漫画の連載開始はもっと前のこと。まぁ無理よな。
けれど若い頃は指標にしてしまってたよなぁ。
でも天才ではないなりに頑張らないといけないよなとも思う。
でも自分の頑張りが報われるようには思えないって瞬間も多かったり、また、努力や自己犠牲が報われなかった経験も重なってくると、なかなか、生きる上での最低限の社会活動以上のことをするエネルギーを持てなくもなってくる。
嗚呼。
多分僕は37歳になっても、今と変わらなそうだなと思う。何もしてない。
ちょっとずつは変わると思う。返済しなければいけない額は少しずつ減っていく。
でもそのちょっとずつ変わるペースよりも、自分の心がすり減るペースの方が早いはずだとも思う。
そもそも普通の人間よりも劣っていると考えるのが妥当であるのに、時々、いやわりと多くのタイミングで、普通の人ぐらいは報酬を受けたいと考えてしまう自分がいる。卑しい。

30歳ぐらいで自死する男がいるように思う。
そのぐらいの年齢に達すると、まぁ自分の人生はこのぐらいの調子で死ぬまで続くだろうな、という目測が立ってくるというか。
家庭を持った人はだいたい人生のプランを立てることになるし、家庭を持たない人は「この先も持たなそうだな」と思ったり、また自分が家庭を持たない・持てない理由を考えてみたり。
「自分の人生、この先こんな感じよな」という見通しが立ってくると、閉塞感を覚える。
それも、「今よりも良くなることはない」としても、「悪くなることはいくらでもありえる」ので、まぁ、人生を終わらせたいという気持ちもよくわかる。
NORIKIYOとかブルーハーブとか竹原ピストルさんとか、そういう自死を選んだ人について、そういう選択をした人を尊重するようなことを歌う人がいるけど、そうするしかないんだよなと思う。
『もう苦しまなくていいんだろ』ってリリックがあるけど、僕もそう思う。

・今日聴いた曲
自死したいとこと、自死したい思いを秘密にしている自身のことをラップした曲だそう。
NORIKIYOさん好きなんです。
NORIKIYOのリリック集が出版されているのだけど、リリックの次のページに、その曲についてセルフ解説している自伝要素のある本になっている。
そこで、自死したいとこの兄ちゃんの思い出が書かれているのだけど、「いとこ」って不思議な距離感があるよなと思わされて、何度も読み返してしまってる。
自分はいとことの関わりがない。

 - ジブリ作品, 日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
お茶で口の中をゆすいで、飲む 20220704

電車で隣に立ってた、50代くらいのスーツ姿の男性の息が臭かった。男性は、ペットボ …

no image
『ブルー』220812

ジョニ・ミッチェルの『ブルー』を図書館で借りた。ついに出会ってしまった。名盤すぎ …

no image
やがて七日間で六本のチンポコを手コく時 221024

知人の女性がヌキありチンポコしごきマッサージサービス業に従事し始めたと聞いた。女 …

no image
興味の幅はあまり広がらない

ここ二年ぐらい、あんまり興奮することがない。二十代の時分は、音楽でも映画でも本で …

no image
自分に憧れて業界に入った妻が神がかり的シゴデキだった場合 220908

横浜の図書館に行って、人類は衰退しましたの番外編2冊と、田中ロミオさんが解説を寄 …

no image
苦しみの種が芽を出さないように慎重に生きなければいけない 20220616

AURAを読み進める。文章が上手いので読みやすい。「文章が読みやすい」のは、小説 …

no image
突っ込まれない力に特化する悪手 230102

コロチキの西野さんが、YouTubeチャンネルでの企画動画が大すべりして、批判の …

no image
ビニール傘を肩にポンポン当ててイキった男性がサイコバニー着たお兄さんにケンカ売ってた 220817

雨の天気予報だったけど晴れてたので、洗濯物を干したら日中でからっと乾いてくれた。 …

no image
神の御手はいずこ 220721

フジロック、ヴァンパイア・ウィークエンドが出る日だけでも行くの、ありでは?と思っ …

no image
死ぬことと見つけたり早漏 220916

シャツを洗濯した。綿100のシャツで、シワになりやすい。前にも書いたような気がす …